インフラエンジニアとして活躍するには?
定年まで働く仕事探し

IT業界の最前線でインフラエンジニアとしてのキャリアを積み、一歩退いて安定した仕事を得たいと考えた場合にはいくつかのキャリアパスが存在している。最も典型的なのはその職場での昇進を臨むというものであるが、そのタイミングを計ることができないというデメリットがある。十分な成果が挙げられていて、リーダーとしての素質があると上司に見てもらえていれば時期が到来することで誰にでもチャンスがあるものの、すぐにでも次の道を探したい場合には向かない選択肢である。その場合には転職によって最前線から離れた現場で働くというのが基本的な道筋となるのだ。
インフラエンジニアの場合にはインフラ一般を広く取り扱えるものの、その需要が高いのは既存のシステムの保守や管理である。多くの企業において社内SEを抱えており、その仕事を担えば定年まで働いていける可能性が高い。こういった仕事はフリーエンジニアに委託されることも増えてきていることから、転職するのではなく独立してそういったインフラの管理を行う仕事を探すというのも一つの手段である。
転職の場合には転職エージェント、フリーエンジニアの場合にはそのエージェントが存在していることから、そこに登録することによってインフラエンジニアとして活躍しやすい仕事先を紹介してもらうことができる。その際にコンサルタントに相談すればキャリアパスについても練り直すことが容易となる点も留意しておくとよい点だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です