インフラエンジニアとして活躍するには?
インフラエンジニアの障害対応経験と転職

インフラエンジニアは開発に携わる人材よりも既に開発されて導入されている各企業のインフラの運用やトラブルシューティング等に対応する人材の方が多いことに特徴がある。
IT業界の開発最前線においては若さと体力とが要求されるため、加齢と共に転職を考えなければならないことが多い。一方で、インフラエンジニアの場合にはそういった傾向があまり強くないため、必ずしも転職をするというキャリアパスを選ばなくとも定年まで仕事をしていけるのが一般的である。しかし、日常的な仕事は簡単な点検作業のみであることも珍しくなく、障害発生時にその手腕を発揮することができるという面が強いことから、現場でのやりがいを求めてIT業界に参入した人にとってはやりがいの面で物足りない場合がある。そういった人たちは、比較的早期に転職をして開発に携わる業種を選ぶ傾向が強い。その際に、インフラエンジニアとして働いたキャリアは実際に現場で稼働しているシステムについて詳しく増えることができているという点で心強いものである。特に、システムエンジニアとなって新しいシステム開発に携わる場合には、現場においてどういったことが問題になり、どのようにして障害への対応をしてきたかということを実経験として持つことができている。そのため、現場経験が重要視されて年齢を重ねていてもシステムエンジニアとして採用されることも多く、キャリアパスとして有望なものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です