インフラエンジニアとして活躍するには?
高まるインフラエンジニアの需要

インフラエンジニアの担う仕事にはシステムの開発や設計及び現場でのインフラの構築に携わるものと、構築されたシステムの維持や運用に関わるものとがある。企業によってはこれらを一貫して行っている場合もあるものの、需要として維持や運用を担う人材が求められていることから、それを専門とする企業も多い。そのため、人口構成として開発に携わる人材に比べると、圧倒的に維持や運用に関わる人材の方が多くなっている。特に専門業者には所属せずに各企業におけるインフラの管理も担う社内エンジニアとして働いている人もいることを考えるとインフラエンジニアの全体数は膨大なものになっていると推察される。
ベンチャー企業や、中小レベルの企業の起業を行うことが人気となっている影響もあって、その社内システムの維持や管理における人材の需要は高まり続ける一方であり、フリーエンジニアへの募集等も幅広く行われている。そのため、エンジニアとしてのキャリアパスとしてインフラを担うことを考慮しておくと将来的に仕事に困らずに生活をしていける可能性が高い。一方で、他の分野に比べると開発や設計に携わる人材の数は少ない傾向にある。これはインフラの特性に由来している。革新的なシステムには効率化やコストダウンが期待できるものの、そのシステムの安定さが不安になる場合がある。トラブルが少なく安定していることが求められるため、既存のシステムが好まれやすいのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です