インフラエンジニアとして活躍するには?
達成感のある仕事

インフラエンジニアの仕事のやりがいは、場面ごとに様々な達成感が得られるということである。印象としては企業におけるシステムの運用や管理、監視、保守等を行う地味な仕事というイメージが強く持たれていることが多いだろう。そういった仕事が大半を占めているのは事実であり、着実に地味な仕事をこなしていくことによってインフラとなっているシステムを安定して利用できるようにするのが重大な使命である。
誰にも知られずに重要な役割を果たしていることを密かな楽しみとして持てる人に適性があることは間違いないが、必ずしも誰もがやりがいと感じられることではない。
しかし、こういった現場においても達成感が得られる仕事がある。それは障害発生時の復旧作業だ。インフラを担うシステムにおいて障害が発生した場合には業務の進行が滞ってしまうことが多く、一刻も早く復旧することが必要とされる。普段は平穏なインフラエンジニアの仕事にもこのときだけは緊張感が張りつめ、復旧が達成されたときにはその困難さに応じた達成感が得られるのである。インフラエンジニアとしては起こって欲しくない事態ではあるものの、障害発生の事態は数少ない誰もに注目される活躍の場面となる。一方、キャリアパスとしてこういった現場を守り続ける道を選ぶことも管理職に向かうこともできるのが特徴であり、他のIT業界のエンジニア職と比べると一度仕事に就くと安定して業界に残ることができるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です